【池部楽器店 アコースティックステーションリボレ秋葉原】

秋葉原にアコースティックギター&ウクレレの殿堂が誕生!!

リボレ秋葉原30周年の記念すべき年に、新しいプロフェッショナルショップ「アコースティックステーション リボレ秋葉原」が誕生しました!!

ウッディで広々とした店内には、リーズナブルなお手頃アコギから、マーチン、ギブソン、テイラー、ヤマハ、ヘッドウェイを初めとする国内外一流ブランドの各種モデル、さらに、貴重な高級ハンドメイド手工ギターまで、国内最大級の品揃えです。また、壁一面に専任スタッフ厳選のウクレレがズラリと並ぶウクレレ専用ルームも備え、南国を感じさせる空間でじっくりとウクレレ選びの幸福なひと時をお楽しみいただけます。

アコースティックギター専用のケース類や弦、アクセサリーなども専門店ならではの充実のラインナップ。あなたのアコースティックライフを全面的にバックアップします。

JR秋葉原駅昭和通口から徒歩3分、楽器の殿堂「池部楽器リボレ秋葉原店」の地下2階です。

●アコースティックステーション・リボレ秋葉原オープンに伴い、「ブラウンギターズ」は、2017年1月22日(日)をもちまして営業終了とさせていただきます。ご愛顧頂き、誠にありがとうございました。

10月はTaylorライブ! アコステ ミュージシャンズ デイ

今春開催し大好評をいただいた「アコステ ミュージシャンズ デイ」が10月に再登場!毎週末、フレッシュなTaylorアーティストによるインストアライブを開催します!

アコースティックステーション店内でのインストアライブで、観覧無料!毎週2名ずつ、トータルで10名のテイラーが一押しで今後要注目のアーティスト達を身近で体感出来るイベントです!

10月もTaylorライブ! アコステ ミュージシャンズ デイ

2017年10月1日~10月29日
毎日曜日開催!

1部: 18:00~ 2部 : 18:30~

会場:アコースティックステーション店内

観覧無料!!!

10/15(日)ミュージシャンズ デイ!
大盛況にて終了いたしました!
たくさんのご来場、ありがとうございました!
アコステ ミュージシャンズ デイ!3回目が終了しました!
葵ミシェルさん、CJ Liさん、迫力ある演奏と素敵な歌声ありがとうございます!
そして本日お越しくださったお客様、誠にありがとうございました!
次回は10月22日です!お楽しみに!
photo1
photo2
photo3
photo4

Artist Profile
葵ミシェル
葵ミシェル(AOI Michelle)/ アコースティックギタリスト

1990 年6 月28 日生 東京都出身
2012 年よりシンガーソングライターとして活動開始。
2014 年6 月、初ワンマンライブ開催。2016 年6 月25 日、2 年ぶりの自主企画の開催と同時にミニアルバム『Ride On The Wind』を発表。同年9月に各種配信サイト、CD 店で全国流通を果たす。2017 年6 月、ギターの表現力を高めるため、歌を封印。アコースティックギタリストとして歩み始める。

CJ Li(シージェイ・リー)

 

CJ Li(シージェイ・リー)はカナダ出身のシンガーソングライター。5年前、日本での成功を夢見て来日。2015年にアルバム「TRY」を豪華ミュージシャンと共に作り上げ、全国リリース。2017年にはアルバム「butterflies」をセルフプロデュースで作り上げる。ライブのクオリティに定評があり、Taylor Guitarsのギターやルーパーを駆使したパフォーマンスは圧巻。2017年3月に行ったワンマンライブはsold outで大成功を収めた。現在Artist Loungeとのコラボレーション企画でネット番組「Artist Lounge Nights」を隔週月曜日21:00から行っている。2017年11月11日には吉祥寺CLUB SEATAにて3回目のワンマンを行う。


アーティスト使用ギターレポート

藤森愛

葵ミシェル
●使用ギター : 814ce-SB ES2 (2016年製)


ミシェルさんの使用ギターはリニューアルされた800シリーズのメイン機種814ce ES2で珍しいサンバーストカラーのモデルです。

800シリーズはテイラーのアンディー・パワーズが設計を手掛けた最初のシリーズで、特に814ce ES2は生鳴りの良さ、ピッキングに対する反応の良さが魅力で、ピックアップシステムES2からのエレアコサウンドの良さやデザインの良さ等もあって、登場後瞬く間に人気モデルとなった近年では非常に評判の高いモデルです。

そんな814ce-SB ES2を弾く葵ミシェルさんですが、ギターの弾き方には独特なセンスを持っております。前回3月のイベント時にも思ったのですが、その時には弾き語りのスタイルで、今回はソロギターでの演奏でしたが、ギターのフレーズにはアンサンブルを考えたかのような上手い組み立て方の演奏をしておりました。元々はバンド志向が有った時期もあると話しておりましたが、曲の抑揚を意識したようなフレーズの組み立てとドライブ感の有るリズムがメインのメロディーに絡み、独特な世界観を醸し出しております。

ミシェルさんの弾くメロディーの合間に入るオブリ、ドライブ感あふれるコード弾きやベースラインなど、この手のフレーズにはバランスの良い生鳴りとタッチ感の良い新しい814ceは似合ってより、葵ミシェルさんの奏でるメロディーを引き立てておりますね!

大野賢治
CJ LiCJ Li
●使用ギター :GS5 (2007年製)


CJ Liさんの使用ギターは、グランドシンフォニーサイズが登場した時、最初に発売されたアコースティックギターのGS5です。

当時グランドシンフォニーはアコースティックギター専用のボディーシェイプでノンピックアップ、ノンカッタウェイ仕様で登場し、サイド&バックにマホガニーを用いたモデルが今回CJ Liさんが使用したGS5です。生音の鳴りを重視して造られたモデルだけあって鳴りの良いギターで、そこに後付けで、ダンカンのサウンドホールマウントのマグネットとエアーマイクのデュアルタイプのピックアップ「Mag Mic」を装着しており、ボディーをヒットする音も拾えるようにしておりました。

今回のライブでは使用しておりませんでしたが、シチュエーションによってはエレキとアコギを融合した新感覚のギター「T5」で、トップにコア材を用いた上位機種のT5Custom Koa を使う事もあるようですが、今回はアコステのイベントと言う事で生ギターのGS5で演奏してくれました。そこで今回演奏して頂いたCJ Liのライブを観てみましたところ、奏法にスラップなどを取り入れたり、機材にルーパー用いたりと、単純に弾き語りと言うには斬新なスタイルで、新時代のミュージシャンと言う感じのライブでしたね!使用しているGS5を見てもかなり弾き込まれており、この生音の良さを活かしつつ各機材を用いて演奏するライブは今までのテイラーイベントでも珍しいパターンでした。

最近ではルーパーを使って曲を組み立てるミュージシャンも増えてきましたが、CJLiさんの奏法もバッキングなどをなかなか面白いフレーズで組み立てており、ルーパーなどの機材を駆使し、自分なりのフレーズを上手く消化したライブで、なかなか見応えの有るステージです。今回のGS5やT5などチョット珍しいタイプのモデルを、使い方に固定観念を持たせず個性的に使いこなすCJ Liさんですので、モダンなテイストを持つテイラーのギターを愛用しているのかもしれませんね。
10/8(日)ミュージシャンズ デイ!
大盛況にて終了いたしました!
たくさんのご来場、ありがとうございました!
アコステ ミュージシャンズ デイ!第二回が終了しました!
藤森 愛さん、大野賢治さん、素敵な演奏と歌声ありがとうございました!
そして本日お越しくださったお客様、誠にありがとうございます!
次のミュージシャンズ デイは10月15日(日)になります。スタッフ一同お待ちしております!
photo1
photo2
photo3
photo4

Artist Profile
藤森 愛
藤森 愛


華奢な容姿に少年のような力強い眼差し、祈りを込めた透明感のあるその歌声を宇宙に放つ。名古屋を中心に関東・関西でも活動を展開するシンガーソングライター。今池ボトムラインでの主催イベントや、Zepp Nagoyaでのステージ経験を持ち、Yahoo!ニュースやCD JournalのPUSH記事としてインタビューも掲載。名古屋だけではなく、関東・関西でも行われている自主企画やワンマンライブをSOLD OUTしている。2017年1月にアメリカ・カリフォルニア州で開催されたNAMM showでは、Taylor GuitarsのFacebookライブに出演。1日でビュー数が1万件を超えた。

大野賢治
大野賢治

 

抜群の歌唱力と心地よくも鋭いリズムを刻むギターに加え変幻自在のライブパフォーマンスはその場にいる人の心を掴んで離さない。

「NHKのど自慢」チャンピオン賞獲得。サタデーホットリクエストウルフルズスペシャルにてオープニングアクトを務め、TBS系「カウントダウンTV」オーディションで2,400組中4組に選ばれる。NHK連続ドラマ「てるてる家族」に杉浦太陽の相手役として出演。2017年5月には渋谷duoMUSICEXCHANGEでワンマンライブを開催し、大盛況に手終える。CDリリース・カラオケ配信・各メディアへの出演等活動範囲は全国。度の会場も一度聴いたら忘れられないライブを展開中。

アーティスト使用ギターレポート

藤森愛

藤森愛
●使用ギター : 316ce Maple Japan LTD (2014年製)


藤森さん使用の316ce Maple Japan LTDは日本限定仕様の少々レアなモデルです。モデル名では300シリーズになっておりますが、サイド&バック材にフレイムの杢目の出たメイプル材を、ネック材にもメイプル材を用い、少し以前の600シリーズのようなスペックとエレガントで美しいルックスが魅力のシリーズでした。しかも、この時の限定生産ではグランドオーディトリアムの314ceのタイプがメイン機種でしたので、やや大きめなボディーサイズの316ceのタイプは珍しい仕様です。

このように、以前の600シリーズのようなスペックから、メイプル材らしい野太く艶やかで伸びの有るトーンが特徴のモデルで、しかも大柄なグランドシンフォニーの316ceですので、一般的には体格の大きな男性のロック系のギタリストがガンガン弾くイメージのモデルなのです。

しかしこのモデルを、一見すると華奢な藤森さんが弾きこなしているのが面白いところで、元々声量の有る歌声が魅力の藤森さんですので、普通のギターの音では埋もれてしまうからかもしれませんが、この316ce Maple Japan LTDを 指弾きでもストロークでもシッカリと鳴らし切り、その魅惑的な歌声に絡ませる様は圧巻です。
ギターを持っている姿だけみると、ギターが大きく見えてしまうのですが、その圧巻のライブパフォーマンスを目の当たりにすると、そんなギターの大きさも気にならないのが不思議ですね!

大野賢治
大野賢治
●使用ギター : 315ce (2008年製)


けっこう弾き込まれた感のある大野さんのギターは、300シリーズのジャンボサイズ315ceです。現行ラインナップではグランドオーケストラの318ceが登場した為に生産完了となったモデルですし、ジャンボサイズは日本での流通量が少なかった為、今となっては少々珍しいモデルともいえるかもしれません。
そんな315ceを弾く大野さんなのですが、このジャンボサイズのテイラーをなかなか面白い使い方をしていると思いました。そのソウルフルな抜群の歌唱力が持ち味の大野さんですので、その歌声に耳が行ってしまいますが、大野さんが刻むギターのリズムが非常にグルービーで心地良く、このギターのグルーブ感に乗った歌声だからこそグッと心に刺さるのだと思います。

大柄なギターを鳴らし切るにはパワーが必要に思われるかもしれませんが、大野さんはピッキングの切れでギターを鳴らし切っており、そのファンキーで切れ味鋭い弾き様は、ピッキングと言うよりもカッティングと言えるグルーブ感があり、歌の重要な構成要素になっておりますね。

この手の弾き方ですと小柄なギターを使う方が多いのですが、大野さんはジャンボサイズの315ceを使うところが独特で、よくよく考えるとこの大柄なボディから鋭いカッティングでもシッカリと低音も出ており、サイド&バックのサペリ材からの切れの良さも有って弾き語りのスタイルでもサウンドバランスが良く、大野さんのこの弾き方、スタイルにはこの315ceがけっこうドンズバなのかなとも思ったりもしました。
また、サウンドホール周りの弾き傷や色焼けした塗装などの壮絶なルックスもそうですが、細かな所でもブリッジピンにはブラス素材の物を使いサスティーン感ある伸びやかな音にしていたり、リハの時にはサウンドホールに今話題のルートホールを装着したりして、自分に馴染むようにギターを育てているようで、ギターへの愛情を感じますね!

10/1(日)ミュージシャンズ デイ!
大盛況にて終了いたしました!
たくさんのご来場、ありがとうございました!
photo1
photo2
photo3
photo4
アーティスト使用ギターレポート

晴田悠加
●使用ギター : 314ce ES2 (2014年製)

20歳のシンガーソングライター晴田さんの使用ギターは、USA製テイラーでは定番機種の314ceで、製造年式は2014年製です。この時期はちょうど仕様変更の頃で、ピックガードが黒色となりピックアップシステムがES2に変更された時期のものです。
以前のES1ももちろん評判が良いのですが、晴田さんのギターにES2が付いているのはポイントです。いかにも女の子というような華奢な感じの晴田さんですが、ギターの弾き方はけっこうパワフルでガッツの有る感じで、ボディーの胴鳴りをシッカリとピックアップしてくれるES2はけっこう彼女の弾き方にマッチしている印象を受けました。
もともとはシンガーから音楽を始め、昨年の春にこのギターを手に入れてから本格的にギターを弾き始めたと話しておりましたが、ギターのボディーを鳴らし切るような野太いサウンドは堂に入っており、このサウンドがES2のシステムとマッチしており、彼女の伸びやかな歌声をシッカリと支えている感じですね。


みきなつみ
●使用ギター : 314ce ES2 (2015年製)

まだ10代のみきなつみさんの使用ギターも、テイラーでは一番有名とも言えるUSA製の314ceでピックアップシステムにES2搭載ですので、現行のモデルに一番近い仕様のギターです。
オール単板でサイド&バックにサペリを用いた314ceは、適度なバランス感と切れの良いサウンドが持ち味で、ギターを始めて数年と話していたみきさんですが、けっこうこの314ceの持ち味を上手く引き出して弾いていた印象です。
ややアンニュイでハスキーな声がみきさんの歌声の魅力かと思いますが、彼女の弾くギターのサウンドとのマッチングも非常に心地良く感じました。フィンガリングやピッキングに独特なタイム感を持った切れの良いピッキングが彼女の特徴で、ES2のナチュラルでレンジの広いサウンドが彼女の弾くトーンを上手くアンプから出力している印象です。
サウンドの良さは勿論、弾き易さも314ceを選んだ理由と話していただけあり、自分の歌に合わせて上手くギターの音を操り、自身の音楽観を表現していました。

 

Artist Profile
晴田悠加
晴田悠加

横浜出身の20歳のシンガーソングライター。高校2年生から曲を書き始め、2016年4月より本格的にライブ活動をスタートさせる。
現在は、アコースティックギターとキーボード弾き語りで、路上を含め年間70本以上のライブを行っている。 また「はるたゆうかばー」と題したカバー曲の動画をTwitter上に毎日のように公開している。

みきなつみ
みきなつみ

1998年4月14日 生まれ、19歳。女性シンガーソングライター。高校2年の春からライブ活動を始める。

その年の夏『未確認フェス2015』に応募。3245組中8組に選ばれファイナル進出。翌年2016年イナズマロック出演。年末にはZepp Tokyo のステージも経験。音楽配信アプリEggsでは、等身大の歌詞で10代&20代を中心に注目を集める。
2017年8月には渋谷O-crest にて初のワンマンが決定。

廣野ノブユキ
10月22日(日)1部 18:00~
●廣野ノブユキ


1990年生まれ。ギター・ピアノ・唄
13才からギターを始めバンド活動・アカペラ経験を経て路上へ飛び出した少年はポップ・ロック・ファンク・ジャズ・R&B…音楽を心から愛する青年となる。音楽が自分にくれた「出逢い」 「歓び」 「救い」 ありとあらゆる事象を 『感謝』 に変え、今日もあなたの耳に届くよう、歌を歌う。

https://twitter.com/nobubunobu1214

倉沢よしえ
10月22日(日)2部 18:30~
●倉沢よしえ


宮崎県出身のシンガーソングライター。沖縄に移住した際に音楽と出会い、ギターの弾き語りを開始東日本大震災直後だったこともあり、東北に歌いに行ったことをきっかけに日本全国へ赴きその歌を届けるようになる。活動開始当初から歌い続けてきた中島みゆきさんの「ファイト!」は本人よりカバーの公認を得て、2017年3月配信にて全国リリース。現在は東京を中心に活動している。

http://k-yoshie.com/

みのべありさ
10月29日(日)1部 18:00~
●みのべありさ


和歌山県出身大阪在住のシンガーソングライター。高校入学と同時に和歌山でライブ活動を始め2012年からは大阪でのライブ活動も始める。バンドスタイル、キーボード&カホンとのアコースティックスタイル、弾き語りスタイルで活動している。曲作りが好きで、今まで作ったオリジナルは200曲以上。聞き飽きない、元気になる、誰でも歌える、がモットー。 「MIO MUSIC 2013」グランプリ受賞、2015年3月に1stミニアルバム「Funnys」、2016年2月には2ndミニアルバム「Yes!」をリリース。2016年11月には両A面シングル「Ordinary Frame」を発売。現在、東名阪を中心にライブ活動中。

http://arichan4562.wixsite.com/minobearisa

10月29日(日)2部 18:30~
●福成修治


たった1本のギターから激しくも壮大な楽曲を奏でる佐賀県出身のソロギタリスト。スタイリッシュに繰り出される超絶技巧と、類まれなる作曲センスでリスナーを魅了する。2016年10月、フルアルバム「Behind The Sleep」をリリース。(Sugarless Records製作)2017年1月にはアメリカ・カリフォルニア州で開催された世界最大の楽器ショー"NAMM Show"のTaylorブースにおいて、日本人3人目となるパフォーマンスを実現。その動画は1日で2万ビューを超えた。

https://www.shujifukunari.org/

【お問い合わせ】

アコースティックステーション リボレ秋葉原

TEL: 03-5829-8569  : acoustic_station@ikebe.co.jp 店舗詳細ページ

●マーティンギターTalk&LIVEは盛況のうちに終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。
3月はTaylorライブ!アコステミュージシャンズ デイ!
ライブレポートはこちら!
3月はTaylorライブ! アコステ ミュージシャンズ デイ! ライブレポート
<新着商品情報>
<Facebook情報>

<<INFORMATION>>

株式会社 池部楽器店
アコースティックステーション リボレ秋葉原

〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸55ASビルB2F

: 11:00~20:00

: 03-5829-8569

: Website

: acoustic_station@ikebe.co.jp